業績(その他の活動)

基本情報

氏名 本田 直也
氏名(カナ) ホンダ ナオヤ
氏名(英語) HONDA Naoya

研究業績名

情報活用力テストRastiを軸とした教育教材開発と全学統一授業の実施(共著) 2009 PC Conference, CIEC, 全国大学生活協同組合連合会共催, 慶應義塾大学(神奈川県)

実施年

2008年 8月

業績種別

 

備考

本田直也、吉川聡、共著。本人は企画、調査、開発、発表にわたる全般に関わった。教育の在り方が知識習得やスキル・操作の習得から思考力の向上や課題解決力の養成へと重点が移りつつある。情報教育の達成目標、指標として情報活用力診断テストRastiを用い、出版社の合同で新たな教材開発を行った。大学教育の特性を十分に考慮して、シラバス、授業展開詳細、テキスト、専用LMS、e-learning教材、期末試験Rastiの一式をパッケージ化した。それらの詳細とその授業実践、教育効果について示した。