業績(論文、解説)

基本情報

氏名 田中 キャサリン
氏名(カナ) タナカ キャサリン
氏名(英語) Kathryn M. Tanaka

論文名

英訳された日本文学の使用について (査読有)

雑誌名

JALT2014—Conversations Across Borders: Conference Proceedings

著者名

田中キャサリン

 

 

 

発行年

 

論文誌種別

学術雑誌

備考

本論は、外国語としての英語教育において、二つの研究話題を参考にする:EFL教室での文学の使用と近年流行のネイティブ化された資料をカリキュラムに使用する。この二つの指導法を融合し、本論は「ミラーテキスト」、つまりL1のテキストとL2の翻訳書を同時に使用する意義について論じる。よく知っている文化的脈絡を足場として、どのようミラーテキストを使って具体的な、そして創造性に富んだ言語の流行が生まれるか、言語の形態も意味に対しての積極的な関与を推進していく。最後に、著者が大手前大学の文学ので講義にて用いるテクニックを紹介しながら、英訳された日本文学作品をどのように授業に活用できるかを提示していく。本論は英語で書かれている。