業績(論文、解説)

基本情報

氏名 田中 キャサリン
氏名(カナ) タナカ キャサリン
氏名(英語) Kathryn M. Tanaka

論文名

怪奇小説におけるハンセン病の肖像 ―幸田露伴『對髑髏』を中心に

雑誌名

大手前大学論集 16

著者名

田中キャサリン

 

 

89-124

発行年

 

論文誌種別

大学・研究所等紀要

備考

幸田露伴の『對髑髏』を中心に、日本と欧米の怪奇小説におけるハンセン病の描写を分析した。欧米では、ハンセン病は植民地の危険を表現しているが、日本の場合はハンセン病は社会の中に隠れている危険を象徴していたと論じた。本論は、日本語で書かれている。