業績(論文、解説)

基本情報

氏名 坂本 理郎
氏名(カナ) サカモト マサオ
氏名(英語) SAKAMOTO Masao

論文名

「キャリア・カウンセリングの機能についての経営学的考察」

雑誌名

大手前大学論集

著者名

坂本理郎

 

9号

 

発行年

2009

論文誌種別

大学・研究所等紀要

備考

本研究は、キャリア・カウンセリングが、企業などの経営組織にとってどのような機能を有しているのかを、経営学的に考察した。 その結果、キャリア・カウンセリングの経営組織に対する機能として、以下の5つを提示した。すなわち、①モティベーションの向上、②自律的キャリア形成の促進、③組織コミットメントの向上、④人事情報の顕在化、⑤メンタルヘルス不全の予防、である。 また、経営組織におけるキャリア・カウンセリングは、専門のキャリア・カウンセラー、ラインの上司、人事部それぞれが役割を分担することで機能すると考え、とくに、回顧(自己理解)の側面は専門のキャリア・カウンセラーが、展望(キャリア目標)の側面はラインの上司がその機能を主に担うのがふさわしいと考えた。 今後の課題は、キャリア・カウンセリングの機能、「回顧」や「展望」、それをもたらすカウンセラーや上司の行動についての操作的定義が必要であるとした。